森の授業


「今日は何を教えてもらうの?」

「何にも…」と言って森へ出かける

この日この森に集う仲間たちのよろこびから生まれる

一期一会の森の授業

さあ今日は何が起こるかな…

 

 

 

自分以外の世界と共鳴して、自分のココロとカラダを感じる時間

それをココロのままに表現する時間を大切にしたいと思います

教えられるままに知識を積み上げてゆくのではなく

そこから自分の真実を見つける体験を重ねてゆきます

人や社会のルールや概念に合わせるのではなく、無視するのでもなく

そこに映る自分を感じて自分で選択することを

繰り返してゆこうと思います

決められたカリキュラムはありません

1年の季節のサイクルや1日のお日様のサイクル、その日の天気にあわせて

ココロとカラダのよろこびのままに、やりたい事を見つけます

森の中で生きて行くために活動を通して、活かされている恩恵を知り

自然と湧いてくる感謝の気持ちを重ねて行きながら

その人の中でその人のペースで育まれてゆくものを大切にしたいと思います

ゆっくりとこども達の自分たちのチカラを信じる事からはじめましょう

森の授業いろいろ

[森遊び]

色々な葉っぱ、木々を渡る風の音、土の匂い

木漏れ日のきらめき、動物たちの気配、光り輝く虫達…

5感を澄ませば、森のリズムは私たちのココロとカラダに響き、ハーモニーが生まれます

(森探検、サイレントウォーク、森のメディテイション、動物の足跡探し、木登り、山菜摘み、木の実拾い、キノコ狩り、湧水汲み、川遊び、秘密基地づくり、火起こし、雪遊び…)

【森のココカラ】

ココカラは、森の空間で自然の素材と触れ合いながら

ココロとカラダを通して自分の内面と会話する時間です

その子供が抱える課題や出会う困難はをその子を成長させるための大切なギフト

そのギフトから学び、課題を乗り越えてゆくチカラを誰もが自分の内に持っています

ひとりひとり違う素質、自分は何を願い、何ができるのか・・・

その人の内に眠る創造のエッセンスを引き出すことによって

人生で出会う様々な出来事から学び成長して行く“生きるチカラ”

他者の軌跡をたどるのではなく 

世界と調和しながら自分らしい生き方を創造する(自己実現力)無限の可能性の芽を育むお手伝いをします

(くれよん描画、水絵、砂の箱庭、積み木、クリスタル、音、香り、ボディワーク・・・)

 

 

【森のお仕事】

薪割り、畑仕事、動物の世話、落ち葉拾い、雪かき、草刈、伐採、保存食つくり、生活に必要な道具づくり、大工仕事・・・

*おとな達の森のお仕事をただ見ている子、一緒にやりたいと言う子、無関心な子

仕事も子供達にとっては遊びの延長

「やりたい!」と言う子は年齢に合わせて一緒に作業を行います

 

 

【特別授業】

その道をこよなく愛し、楽しんでいるスペシャリストによる多種多様のよろこびの授業

“自分らしく生きる”を実践している個性的な素敵なスペシャリスト達が森に遊びに来てくれます

 

 

 

【炊き出し】

週に1回薪の火で炊き出しを行います

 みんなでつくると美味しいね♪

この日はお弁当はお休みです 

 

 

*テーマを設けた活動や特別授業のご案内はブログに掲載しています

 

  

 

活動の方針

心と体を使って5感で感じ、考え、表現する事、自分の心と体の声に耳を傾ける時間を大切にしたい

学ぶための活動よりも、実践活動を通して学ぶ

自分の内側から美しい、楽しい、美味しい、気持ちいいと感じる体験を大切にしたい

社会的に好ましくないものを否定・排除するよりも、その中によろこびや感謝を見つけるチカラを育てたい

失敗を重ねる:いけないことはいけないと伝えます。それでも失敗を繰り返すことを許しながら、本人が本当はどうしたいのかを感じ、自分で選択、判断する時間を見守ります

学習は、本人と親御さんの希望に合わせて個別に対応しています

*宿題はありません ご家庭では家族との時間を大切にしていただけたらうれしいです

*テストはありません 学びと成長の方向性は10人10色と考えています

学校と親御さんの対話:毎月1回約60分の対話の時間を設けます(その他必要な時に随時)

 

 

 

 

◎大切なお約束

 

*自分や他者を故意に傷つけてはいけません

*森のがっこうの物を故意に壊してはいけません

 

 

森のがっこうでは、“真に自由な人になって行く”学びと成長の過程で「自分を大切に出来る」ということを重要と考えます

あるがままの自分を大切に出来る人は、自分以外のすべての人や物や事象をあるがままに受け入れ大切にする事が出来ます。それは、常に環境から学び成長し続ける姿勢であり、自己実現できる人間の重要な要素のひとつであると考えます