大人も子供も真に自由な人になってゆく…


私達の内にキラキラと輝く思いをカタチにしよう 

私達が自分の内にあるものを創造する姿を見て  

子ども達も自分の内に輝く何かを 

やがて世界に創造してゆくだろう 

 

森のがっこうは、八ヶ岳南麓の標高1100m、約1000坪の森の中にある学校です

素材は八ヶ岳の森とそこに集う人達

“おとなも子供も真に自由になって行く”を指針に 日々を紡いでいます

 

偉大なる自然の叡智とそこに集う人知から生まれる無限の可能性

何も教える必要なんてないのかもしれません

私達が心からそれを愛し、楽しんでいる姿を見せるだけで

子ども達はそこから何かを受け取り、自分の中で育ててゆくのだと思います

やがて咲かせる世界でひとつだけの花のために

 

規制のルールや固定概念はいらないかもしれません

自分にとって何が心地よいと感じるか、何が必要か

いつも自分の心と体に問いかけながら、そこに集った仲間で意見を出し合って

毎日おひさまと共に新しく生まれるそんな学校を創ってみたいと思います

 

子ども達は未来をつくる星

自分は何を願い、何が出来るのか

生まれてきたよろこび、自分にとって大切なもの

ひとりひとり違う私という素質

その子がその子らしく自由によろこびのままに輝けば

きっと世界は調和する

 

権力やお金主義の競争社会へと巣立ってゆくための訓練の場として現在の学校の形があるならば、社会へと世界へと願いを発信して行くことも大切かもしれません

子ども達を育む親、地域、社会、世界が共に成長して行ける学び舎として

森のがっこうを育みたいと思います